□ アトラクションは超過激 『ソウルあたまで行こう!』 1 – アルバム


アルバム『ソウルアタマで行こう!』 1
~ シータの常識、韓国の非常識!? ~

 

◆安全ベルトなし! オモニはダメ!の超過激なアトラクション


   めくれ上がるスカート
 
  転がって顔面強打の女子高生

母同伴は不可

  終わると思ったら終わらない・・・

  DJのさじ加減で動いたり止まったりWatch Full Movie Online Streaming Online and Download

  終わったあとは筋肉痛

 junp2.jpg
  

東大門近くにある「DISCO JUMP」というアトラクション。
「弾丸トラベラー」というテレビ番組で、
山田優ちゃんが、キャーキャー叫びながら乗っていたのを、
見ていた人はいらっしゃるでしょうか?


「乗りたい!!」と言っていた娘と一緒に私も乗る気まんまんだったんです。
そしたら現場を仕切ってるお兄さんが、

両手でバツを作って
「オモニはダメ!! オモニはダメ!!」って。

なんで?って聞くと、オモニは体の具合が悪くなるからとのこと。

そのあまりに激しい拒否の様子を見ると、
そういうことが過去にあって、スタッフさんも大変な思いをしたのかもね。

それでとにかくチケットを買うのだけど、
念のためにと数人がトイレに。
一緒に行った娘の替わりにチケットを買おうとすると、
窓口のアジュンマが、これまた激しく・・・
「オモニはダメ!! オモニはダメ!!」を連発。

あぁ、このアジュンマが具合悪くなったオモニのあと、
いろいろ片づけをしたとか?
やっぱ大変だったんだねってことで納得しないと・・・
なんだかケンカ売られてる気分になってムカついてきちゃう。

でもね、動き出してみたら、オモニがダメなのもうなづけました。
私はやっぱり乗らなくて正解でした。

ほんとにもう~~~
安全ベルトなしでこんなことしていいのぉ~~~?!


なんとこれはマイクでしゃべりながらDJ役の兄ちゃんが、
手動で動かしてるんでした。

日本語で
「今日は日本のお姉さん多いね。
お姉さん、スカートありがとう(絶対めくれあがるから)
スカートありがとう。スカートありがと~~。」

そのあとは韓国語でまくしたてつつ様子を見ながら動かしていきます。
友人の通訳によると、

「全員が女の子だよ。
これだけいたら、4人にひとりくらいはかわいい子がいなくちゃあ。
なのに、みんなブスだ。なんでだ?」

いえ、実際にはかわいい女の子がいっぱいだったのですが。

 

junp1.jpg

でも、乗ってる本人たちはそれどころじゃなく、
ほんとに大変なことになっていました。

必死につかまってるけど・・・
スカートはめくれあがるし、手は離れちゃうし、
友だちにしがみつこうとして、その友だちももうあぶない・・・

ポケットから持ち物が落ちちゃった女子高生がそれを拾おうとして手を離し、
真ん中に転がり出て顔面を強打。

そしたら手動でちょっと止まって、彼女が元の位置に戻ったらまた激しく動き出す・・
もう終わるか・・・もう終わるか・・・と思いつつ、なんと10分間。

みんなが降りて来る中、その高校生の女の子は頬を押さえていたけど、
結構平気な様子。

娘曰く
「何回も来て慣れてる感じだった。
だから取りに行ったのかも。」

「ポケットから何が落ちたんだろ。」


「あの・・・ライターやった。」


「は?・・・・」

 


手動だっていうのもびっくりだけど、
手動だからこそほんとに危険な時に止められるっていうことなのかなと、
終わってから思いました。

これから先、誰もケガしないで毎日無事に楽しめますように!!


ちなみに娘の感想は、
「必死にしがみつき過ぎてめっちゃ腕痛いわ。
明日絶対筋肉痛やわ。
でも、今度来たときも絶対乗りたいわぁ~~。」

でした(-_-;)

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

始めました。

アルバム『ソウルあたまで行こう!』1
    ~ シータの常識、韓国の非常識!? ~

soubyou2.jpg

 

今回のソウルは、KーPOP大好き娘の高校合格祝い旅。

「あなたの行きたいこと、したいこと、全て叶えてやるぜ!」と豪語し、
それを実行することに熱く燃えた旅でした。

なので、留学している友人にさえその一端を担わせ、
こっちのリクエストしたコースを案内してもらっちゃいました。

そして私は唯一自分の願いとして持っていた「GORILAでランチする」も、
時間配分の末ついに諦めることとなりました。
でも、それほど残念ではなかったですけどね。
やはりあそこは・・・
同じ心を持った友だちと行きたい気分なのです(*^m^*)

 

その希望というのを紹介すると・・・
(ソウルに着いてからどんどん増えて行ったのですが。)


■旅行前の時点で・・・

  【行きたいところ】
    ・明洞 ・SMの事務所(少女時代とかスーパージュニアが所属) 
    ・宗廟 ・チムジルバン

  【したいこと】
    ・ディスコジャンプに乗る(東大門にある超過激なアトラクション)
    ・SMのショップでK-POP大好き友だちにおみやげを買う

  【食べたいもの】
    ・屋台のトッポッキ、ホットック、キムパプ、
    ・テレビ番組「弾丸トラベラー」で山田優ちゃんが行ったお店のタッカンマリ
            (ボニさんのお友達、奥谷仁さんの本でも紹介されています

 takkannmari 1.jpg

 
■旅行中に増えたのは・・・

  【行きたいところ】
    ・汝矣島(ヨイド)  ・カロスキル  
    ・大きな本屋さん   ・K-POPグループBIGBANGの事務所

  【したいこと】
    ・ソウルのお店で服を買う
    ・韓国で出ている安いCDやタレントグッズ(つまりバッタモン)をみつける
    ・小耳に挟んだ「BIGBANGのお店」を探し出す

  【食べたいもの】
    ・明洞餃子  ・各種お粥  

supajunia.jpg


以上のうち、達成されなかったのはふたつ

  ・SMの事務所(少女時代とかスーパージュニアが所属)
 
     →ソウルに行った時点で恋心がBIGBANGに移っていたから(笑)


  ・小耳に挟んだ「BIGBANGのお店」を探し出す

     →娘の聞き間違いで、BIGBANGのお店ではなく、
      メンバーがそこでアクセサリーをよく買うというだけの話だったから。
      みつからないのは当たり前(-_-;)


■さらに上記以外でクリアしたこと
  ・景福宮  ・光化門広場  ・ミュージカル(事前に私が勝手に予約してた)
  

そんなこんなだったので、
3泊4日と言っても実質行動時間は2日半という時間の中では相当ハードでした。

ほんまに・・・
ガイドブックに電車の路線図、
そしてホテルロビーのPCから地図検索、フロントで質問・・・

我ながらよくやったと、自分で自分を褒めてあげたい!!

実際にツアコンのお仕事してる人って、きっとすごく大変なんだろうなとあらためて実感しました。
初めての韓国旅行(8人)の時にすべてを取り仕切ってくれた友人のことを思い出し、
友だち同士の旅行だけど、プロゆえに一緒に楽しんでる場合じゃなかったであろう彼女に、
5年も経ってからあらためて感謝な気持ちになったのでした。

 

そんなこんなだったので・・・・

私の楽しみはもっぱら
“これって、わたし的にはありえないけど、ソウルではありなのね?”
な写真を撮るというものになったわけです。

これからちょっとずつ、その写真を紹介させてもらいますね。

みなさんが予想されるとおり、私が撮る写真ですから、
旅行案内としてはほぼ役に立ちません(^_^;)

でも、一部の方には喜んでいただけるかと思いまして。あは。

日本にいて常識だと思ってることも、
一歩踏み出して海の向こうに出て行くと、全然そうじゃなかったりことありますよね。
そういうことのおもしろさをみなさんと共有できたら幸せです。

何回にわたるかわからないのですが、
「これってあり?」写真が尽きるまで、
ゆる~いペースで続けられたらと思っています。

よろしかったらどうぞおつきあいください♪

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)