大人の修学旅行 ‐京都編③‐

24 Comments

  1. ボニさん、仕事はやっ!
    見事なレポ、どうもありがとう!
    旅後の仕事に追われているので、今日は足跡だけ。
    いやあ、ホントに「濃い」旅だった。
    まさに「ディープ京都」
    ちょびっと困るのは、「京都?どこ行ったんですか?」の質問。
    いわゆる名刹めぐりが少ないので答えにくいけど、
    これを見てくれればわかるよね。

    週末にまた、補足コメントに参ります。
    おやすみなさい。
    ちのっちちゃん、ありがとう!

  2. ボニさん

    ほんとにありがとう!
    「こんな写真も撮ってたのかぁ~~!」な驚きがいっぱいです。
    目の付け所がすごくて脱帽です。

    最後のみっつならんだ写真の真ん中は、
    メンズとレディースのトイレットのドアです。
    そう言われないと何なのかわからないくらいぼとっちく見えますが、
    実際に見るとそれなりに風情がありますです(^_^;)

    ゲストハウスは、平安神宮と京大の間くらいにあり、
    どちらにも歩いて10分くらいでいけるところで、
    ほんとにいい場所でした。
    って、予約してからはじめてちゃんと場所を知ったのですが(^_^;)

    今回みんなを京都に迎え入れることになって、
    あちこちを一人で散歩しました。
    それで、京都に住み始めて数十年を経た今、
    いきなり、いえ、やっと?京都にハマッた私です。
    「なに?京都ってば、めっちゃおもしろいやん!!」という状態です。
    今頃ではずかしい(^_^;)

    あんなちゃんの言うとおり、これと言った名刹は高台寺くらいで、
    あとは無名というかなんというか・・・
    でもそういうところが実はおもしろいのが京都なんです。
    それをもっと知ってもらいたいなあと、今回実感した次第です。

    いやぁ~楽しかったです。
    そして、それをこんなふうにステキに残してくれる人がいるってことが、
    なんとも恵まれた旅なのだと、
    つくづくしみじみ実感しています。

    みなさんの中に、もし京都旅を計画されてる最中のかたがおられて、
    「ここちょっとおもしろそう」と思われたら、
    ぜひ訪ねてみてくださいね♪
    そしてもしももしも質問があれば、ここで聞いてくださったら嬉しいです\(^O^)/

  3. ■錦小路で買い食いしたのは・・・

    ・頭の中に「ゆでウズラ玉子」が入ったちっちゃいタコ
    ・玉子屋さんの、一切れ大のだし巻き玉子
    ・魚屋さんのハモ
       (以上、串にさした一人分で130円~350円)
    ・お豆腐屋さんのとろとろ豆腐チーズケーキ(200円くらいだったかな?二個入り)

    ■あんなちゃんとうちの娘が行ったケーキ屋さんは、オ・グルニエ・ドールです

    世界のトップパティシエと言われる西原金蔵さんのお店です。
    ほんっっとにおいしいです!!
    休日は待たなきゃいけない時もあり、
    お昼すぎると人気のケーキは売り切れになったりします。

  4. 添乗員シータ、説明ありがとう~!

    錦で結構買い食いしてますね(--;)
    子どもの頃買い食いを堅く禁止されていたので、大人食いしたいんだよなあ・・タコはね「タコタマゴ」って名前なんだよ。あれ、B級味で美味しかったなあ。

    >ケーキ屋さんは、オ・グルニエ・ドールです

    ポンッ! 

    それだそれだ!金蔵さん。 何だったっけなあ??? まあ誰か書いてくれるだろうと期待していました。

    今回スレでは、行程をともかく画で押さえて シータに説明してもらお~♪と思っていました。

    新しい先生のことも聞きたいし、旅行の後で仕事に追われてるでしょうが、「そや☆コリ39」京都編 気長に待ってます。

  5. えー、ボニボニさんのところに恐る恐る初コメを入れてから、ちょくちょくコメを入れさせていただいている者です。
    ボニさんが東京なので、ここのメンバーの方々はみ〜んな関東圏にお住まいかと勝手に思い込んで居りましたが、シータさんは京都にお住まいだったのですね。
    実は私は実家が京都で、今も娘と妹が実家に住んで居りますので、ちょこちょこ京都に参ります。
    今日も今日とて、錦市場に鯖鮨用の鯖を買いに出かけ、その変わりようにビックリ!(◎_◎;)して来たところに、このレポを読みました。
    本当に楽しそう!
    京都に生まれ育っても知らない事ばかり。
    とても新鮮なレポでした。
    シータさん、又何かありましたらい教えて下さいませm(_ _)m

  6. sukiyanenさん、
    サイトのシステムに変更があり、
    スレッドによってはみなさんが下さるコメントが表示されるために承認作業が必要な場合があり、
    表示されるまでに時間がかかる場合があります。
    今回「あれっ?」と思われたかもしれません。すみません!
    これからも、このようなことがあるかもしれませんが、
    お許しいただき、ちょっと気長に待っていただければ助かります。

    コメントありがとうございます!!
    ・・・って、ボニさんのスレッドではありますが(*^m^*)

    sukiyanenさんは京都で生まれ育っておられるんですね。
    鯖鮨用の鯖を買うために錦だなんて、本格的ですね!!
    でもあの市場は、今は地元の古くからのお客さんがゆっくり買い物するのには、
    大変な感じになっていますね。

    錦に買い物に行かれるなら、街なかにご実家があるのでしょうか?
    私は大学入学で初めて来た上に、今日までずっと中心地から離れたところに住んで来たので、
    ザ京都ってところには馴染みなく来てしまったんです。
    なので、主立った観光地や寺社仏閣にもあまり行ってないままで、
    今回みんなを迎えるにあたってあれこれ行ってみて、
    「わぁ、京都ってすごい!おもしろい!」って思ったばかりです(*^m^*)

    今は娘さんが京都にお住まいなら、度々来られるのですね。
    こちらこそ、なにかおもしろい情報があったら教えてくださいね!

  7. あ!sukiyanenさん おこしやす~(って 京都づいてる?^^;)
    HNから関西だろうなと思っておりましたが、ご実家、京都だったんですか。

    >ここのメンバーの方々はみ〜んな関東圏にお住まいかと

    dalのメンバーは、sukiyanen さんと私がここで出会ったみたいに、ネットを通して出会いました。東京組のママさんも北関東ですし、ヴァイちゃんは東海、マメちゃんは九州。ネットの無い時代には多分一生知り合わなかった人達が、こうして遊べるのは凄いと思います。

    >今日も今日とて、錦市場に鯖鮨用の鯖を買いに出かけ、その変わりようにビックリ!(◎_◎;)

    そうなのでしょうね。 錦小路は京の台所と言われていますが、歩いた感じは観光化が進んでいるのではないかなと思いました。浅草とか・・アメ横っぽかった。地元の方が買っている風な店は、ちょっとずれた六角?とか寺町?とかの方に感じましたです。

    >シータさん、又何かありましたらい教えて下さいませm(_ _)m

    はい。 (ってボニボニが言うなよ だけど)

    シータは人を案内して、京都の魅力再確認したそうです。
    そうだろうなあ・・あれだけの街が面白くないはずがない。

    きっとまた教えてくれます。

    あ、全然関係ないですけど sukiyanenさん。

    京都のお土産もの屋さんには「好きやねん」とか「おおきに毎度」とかプリントされたTシャツがいっぱい売ってるでしょ?
    私は、息子の土産に「何でやねん?!」と大書されたシャツを買いました。(もちろん、もらっても喜びませんでしたが)

    寝起きの愚息が「何でやねん?!」Tシャツでボ~っと歩いていると、ちょっと笑えてムサ苦しさが半減します。

  8. >私達をどうぞ、「カワハギの化石を見る見学者’s」とお呼び下さい。
    ↑展示最終日だったんですね。
    「なんで信州毎日新聞?」
    「信州で発掘されたからじゃない?」とワイワイ言ってる間に
    「ちのっちさんにメールして新聞をみてもらおう!!」と
    スマホを取り出しているボニさんってすごい!!と私は思ったのでした。

    ・頭の中に「ゆでウズラ玉子」が入ったちっちゃいタコ
    ・玉子屋さんの、一切れ大のだし巻き玉子
    ・魚屋さんのハモ
       (以上、串にさした一人分で130円~350円)
    ・お豆腐屋さんのとろとろ豆腐チーズケーキ(200円くらいだったかな?二個入り)
    ↑このようなディープなものを買い食いしながら歩ける錦市場
    私も行きたかったなぁ!!!

    >錦市場に鯖鮨用の鯖を買いに出かけ
    ↑うう、sukiyanennさん、京都人ですねぇ。
    鯖街道健在ですね。

    >寝起きの愚息が「何でやねん?!」Tシャツでボ~っと歩いていると、ちょっと笑えてムサ苦しさが半減します。
    ↑ちゃんと来てくれてるボニボンって本当にいい息子さんだわ。

  9. ここまで来たからには、と大阪まで行って
    ドイツ駐在時代からの友達を付き合わせ、大衆芝居を観てきたどすこいです。
    通天閣のふもとに位置する大衆小屋「浪速クラブ」は劇場も
    乗っている劇団も最高でした。
    (劇場は一か月興行で劇団が代わり毎日劇の内容が変わります
    舞台で公演する事を板に乗るといいます。)
    3時間半1200円で前売り券を買うとなんと1000円!
    幕間には弁当・アイス・応援グッズのライトをそれぞれ売り子が
    昔の駅の弁当売りのように流していて
    良き時代昭和の雰囲気ぷんぷん。
    劇中に三味線を弾いて立ち回りして
    女形の艶姿を見せて、外は暑いから雰囲気だけでも、と
    雪を降らせての踊りや芝居
    どれもため息つく出来栄えで
    大衆芝居は侮れないんだってばっ!!  ←と、熱く語っちゃったけど

    と、いう寄り道をして、この京都・大阪旅行を十二分に楽しみました。

    住む環境も年齢も違うのにこうして集えた幸せを感謝しつつ・・・次の計画たてなきゃね。
    何年か後の実現でも
    計画をたてた所からまた、旅行だもんね。

  10. シータさんとボニさんにお返事?貰って、嬉しくなり、またまた出て来てしまったsukiyanenです。

    シータさん、えーっと実家は御所と二条城の間辺、どちらかと言えば御所に近いという辺りにあります。
    さる俳優さんが訪れたお蕎麦屋さんから六七分というところでしょうか?

    土曜日はちょっとした運動を兼ねて、歩きで20分位かかる錦まで。
    実は鯖鮨は母の得意料理だったのですが、私はその技を継承せず、一度も作ったことが有りませんでした。
    ところが何時も祭りの時には鯖鮨を作ってくれていた従姉妹が、自分では最早よう作らんからと、レシピを送ってくれたのです。
    それで一度挑戦して見なくては‼︎と塩サバを買いに行った次第です。
    えっ、出来具合ですか?
    お味はまあまあでしたが、ご飯が多すぎた感が(~_~;)

    ソヤコリ、途中からは時々読ませていただいていたのに、遡って読むことをサボっており、
    今回初めて初めから読んで、大笑いしたり、ポロポロ泣いたり、お互いの違いに納得したりと充実した読書時間を過ごさせて頂きましたm(_ _)m
    また新しい先生のお話も宜しくm(_ _)m

    町の中心部は人口減少で(最近はまたマンションブームで少し上向いているみたいですが)学校の統廃合が進み、私の通った小学校も中学校も最早無く、本当に淋しいです。高校も建て替わってしまいましたしね。

    ボニボニさん、文章入りのTシャツをお土産に買われたのですか…
    字入りTシャツのハシリは、多分新撰組ブームの時に作られた誠の字が入った物だったのでは?
    好きやねんという言葉はどちらかと言えば大阪弁?かな。
    今は大阪を飛び越えて近畿のおまけに住んどります。
    時間的に言えば東京の方が京都から近いのです(>_<)

  11. あ、お客様が来てる~ん♪

    ●ママさん

    >↑ちゃんと来てくれてるボニボンって本当にいい息子さんだわ。

    ほんとに(^^;)イタズラ好きな母親をすでにあきらめてます。
    御用の提灯とか、新選組の刀買ってこなかっただけマシだそうです。(ちょっと買おうかと思ってた)

    ●どすこいちゃん・・・どんどんディープに。

    >舞台で公演する事を板に乗るといいます。

    もうすっかり見巧者よねえ。おせんにキャラメルの売り子さんが回るなんてさすが芸能の街。まめちゃんが熱く語られて感心しているのが面白かった。

    >住む環境も年齢も違うのにこうして集えた幸せを感謝しつつ

    本当に 奇跡みたいだと思います。楽しかったね。

    ●sukiyanenさん お帰りなさーい!

    >それで一度挑戦して見なくては‼︎と塩サバを買いに行った次第です

    じるる・・(よだれ)何が好きって、光り物に眼が無いんです私。

    もちろん鯖寿司も大好きだけど、あれは塩サバで作るんですか?!しめ鯖みたいに生から作るのかと思ってました。そうか、ママさんの言ってた塩サバ街道よね。塩で締めてるうちに運ぶんだ。京都は内陸だもの。

    あれー? でも鯖寿司の鯖って中がレアっぽいですよね?市販の塩サバって焼いて食べたことしかないけど、あれを酢に漬けたら鯖寿司の上に乗ってるやつになるってことですか?それとも錦で売ってる塩サバは物が違うのかな。あー鯖寿司食べたくなってきた。

    >ボニボニさん、文章入りのTシャツをお土産に買われたのですか…

    あはは いたずらです。 「いらねーし」とか言ってました。

    >好きやねんという言葉はどちらかと言えば大阪弁?かな。

    そうですよね(^^;)  

    連れ合いには 「京野菜」というTシャツを買いました。
    こちらは渋緑に聖護院大根の墨絵付き。いらないだろうけど・・

  12. sukiyanenさん、

    >一度挑戦して見なくては‼︎と塩サバを買いに行った次第です。

    すばらしい!
    ダーと結婚するまで、サバ寿司や千枚漬けが家でも作れるって知りませんでした。
    sukiyanenさんもぜひ、伝統料理の一翼を担ってください。

    >錦市場に鯖鮨用の鯖を買いに出かけ、その変わりようにビックリ!(◎_◎;)

    どんどん観光地化してますね〜!
    観光客の目線から言えば、あんなディープなところで、
    あれこれ買い食いできて、昔ながらのお店や品物が
    見られるのはとても楽しいことなんですが、
    それにしても「人多過ぎ!」

    >町の中心部は人口減少で

    そ〜ですねえ。
    3年前にあったふる〜いお店が二つもなくなっていました。
    義母が子供の頃からあったという、
    五条坂のふっる〜〜いうどんや「佐乃竹」
    茶碗坂の「陶磁器会館」が移動したのも知りませんでした。
    元魚屋のちりめん屋「水徳」さんは健在でしたが、
    シャッターの降りている店も増えて、ちょっと寂しい。

    >学校の統廃合が進み、私の通った小学校も中学校も最早無く、本当に淋しいです

    東京都内も同じです。
    私の通った中学校、高校ももはやなく、校舎はあっても
    小学校として使われていたり、高校はどうなってるのかなあ。

    >連れ合いには 「京野菜」というTシャツを買いました。

    ふふふ、ボニさんはいずれのTシャツの際も、
    一度は通り過ぎたのですが、何メートルかして
    「やっぱ買ってくる!」と店に飛び込んでました。
    「京野菜」はなかなか渋いテイストよん。

    >■あんなちゃんとうちの娘が行ったケーキ屋さんは、オ・グルニエ・ドールです

    も〜〜〜〜、本当にうれしかったぁ(涙)
    だってしーたちゃんが「この先に有名なケーキ屋がある」
    って言っただけで、ボニさんたら、くるっと背中向けて
    さっさと錦市場に戻ろうとしたんですよ〜〜!
    (辛党、というか酒党)

    で、人の娘さんをお借りして、疑似母娘みたいな気分で
    一緒にサロンのケーキを頂いたんでございます。
    西原金蔵先生のケーキ本まで持ってるのに、
    しーた娘がいなかったら食べられなかった。
    その間、しーた+ボニ+まめちゃんは錦でタコたまごとか、
    買い食いしてたわけっす(笑)

    しーた娘は最近作ったケーキの写メとか見せてくれて、
    「あ〜〜、娘欲し」とうらやましくなったのでした。
    (うちは息子ばっか)

  13. そうそう、アンコちゃんは京都に詳しいのであった。

    >ボニさんたら、くるっと背中向けて
    >さっさと錦市場に戻ろうとしたんですよ〜〜!

    いや・・錦を急いで通り過ぎたので、写真も撮りたかったし。
    お昼食べたレストランを出た足でケーキ屋は入れない。

    アンコちゃんは夢の「シータ娘とパティスリーデート」が出来て良かったね。甘いものが苦手な私でも、シータ娘とケーキ屋へ行くのは楽しいもの。お菓子談義で盛り上がって楽しかっただろうな。

  14. すっごく楽しそうな旅でうらやましいです^^

    メールをもらった時は「京都で化石? なぜに??」でしたけど、他にもいっぱいいっぱいいろんな所を見て廻ってたんですね・・・って、あたりまえか・・・(^^;)

    京都って、修学旅行以来行ってないけど、大人になると もう一度じっくり見て廻りたいなって思いますね。

    そして、青年・・・。
    いや~~ 聞けば聞くほど、会ってみたい というか、話してみたいです。
    でも、もうお別れなんですね。そや☆コリでも、もう青年のお話は聞けなくなってしまうんですね。さみしいな・・・。
    個人的には「ヤギのゆきちゃん」の話を是非聞いてみたかったな・・・。残念・・・

    ボニさん、素敵な旅のお話ありがとうございました。写真もどれもステキです^^

  15. sukiyanenさん!

    >シータさん、えーっと実家は御所と二条城の間辺、どちらかと言えば御所に近いという辺りにあります。
    さる俳優さんが訪れたお蕎麦屋さんから六七分というところでしょうか?

    えっとぉ~、さる俳優さんが訪れたお蕎麦屋さんというのは、
    以前に『そや☆コリ』で書いた話のことでしたか?
    場所としては違うところにあるホテルの地下なんですが、
    私、どこかでなにか違うこと言ってましたっけ。

    それにしても、すごく京都の真ん中ですね!!
    ずっと何代もお住まいなのでしょうか?
    私は今京都にハマリ中なので、いろいろおたずねしたくなります♪

    >ところが何時も祭りの時には鯖鮨を作ってくれていた従姉妹が、自分では最早よう作らんからと、レシピを送ってくれたのです。
    それで一度挑戦して見なくては‼︎と塩サバを買いに行った次第です。
    えっ、出来具合ですか?
    お味はまあまあでしたが、ご飯が多すぎた感が(~_~;)

    エライ!
    京都に来てから数年目に、5月には京都の家ではみんな鯖寿司を作るのだと、
    友達が家に招いておばあちゃんのおいしいお寿司を振る舞ってくれました。
    ほんとにおいしくて、それからずっと好きなのですが、
    まだ一度も作ったことがありません(-_-;)

    >ソヤコリ、途中からは時々読ませていただいていたのに、遡って読むことをサボっており、
    今回初めて初めから読んで、大笑いしたり、ポロポロ泣いたり、お互いの違いに納得したりと充実した読書時間を過ごさせて頂きましたm(_ _)m
    また新しい先生のお話も宜しくm(_ _)m

    きゃ~!遡って読んでくださったのですか?
    ありがとうございます。
    すごくうれしいです。
    思えば40近く書いていたのだと、最近気づいたところでした。
    新しい先生もかなりネタ満載なので(*^m^*)
    また書きたいと思っています。
    その時はまたよろしくお願いします!!

    >町の中心部は人口減少で(最近はまたマンションブームで少し上向いているみたいですが)学校の統廃合が進み、私の通った小学校も中学校も最早無く、本当に淋しいです。高校も建て替わってしまいましたしね。

    ほんとに小中学校は軒並み統廃合で、
    高齢者施設と同居したビルになっている中学校があるのにはびっくりしました。
    その1階はステキなレストランになっていたり。
    また廃校になった小学校がいろいろおもしろい試みがされていて、
    立派な建物が活かされて生まれ変わっているところも多く、
    頑張ってほしいなととも思います。

  16. ちのっちさん

    いきなりのボニさんからの連絡でびっくりしたでしょ!
    なんで京都で石見てるの?って思ったでしょ(*^m^*)
    あの場ですぐに「お!ちのっちちゃんだ!」って、
    すぐに思い出してメールするボニさんがすごかったです。
    そしてまたすばやく記事の写メを送ってくださってありがとうございました!
    みんなでうはうは喜びました♪

    青年もまた授業にあそびに来るようですし、
    夏休みには新しい先生と交代ってこともあるかもしれないので、
    またどんな感じか報告させてもらうので、その時は読んでくださると嬉しいです\(^O^)/

  17. あんなちゃん

    娘とのスイーツデートを喜んでもらえてほんっとよかったです!
    ごっそさんでした\(^O^)/
    純粋に甘い物の話を楽しめるメンバーとして、二人きりになれてよかったわ!
    スイーツを語り合える最強のコンビだったよね(笑)
    娘もとっても喜んでいました。
    京都にもまだまだ紹介したいスイーツのお店はたくさんあります。
    ビールも飲めるスイーツのお店ってないかなぁ~~(*^m^*)

  18. あ、ちのっちちゃん、来た来た♪

    先日はいきなりのおねだりでごめんなさい!
    早速写メくれて、それもお兄様にまでお世話になっちゃって大騒ぎさせてしまってお世話になりました!

    信濃毎日新聞と聞いてすぐちのっちちゃんにメールしたら、ママさんやシータに驚かれてしまいましたが、確かに、思いきり唐突でした。
    申し訳ない m(_ _)m

    ちのっちちゃんのお陰で、京都の修学旅行に素敵なエピソードが加わりました。本当にありがとう!!

    >個人的には「ヤギのゆきちゃん」の話を是非聞いてみたかったな・・・。残念・・・

    うふふふ 面白かったですよ。

    「ゆきちゃんは、外から帰宅した僕の顔を見るとオシッコをします」

    とか言うの。

    「草食動物にとって、排泄してる時は無防備になるから、敵のいるような場所では出来ないんです。だからゆきちゃんは、僕の顔を見ると安心してオシッコをするんです♪」
    なんて。ああ、シータのワム青年だなあって思いました。

    先生を辞めてもシータとの縁はまだ続きそうなので、また読めるかもしれませんワム青年話。 私も読みたい。

  19. やっと来れたよ~。

    シータちゃん、素敵な京都をありがとう!
    一日だけだったけど、ランチのレストランといい、
    高台寺やぶらぶら散歩といい、
    短くても「京都」をたっぷり満喫できる旅でした。
    それがボニちゃんのレポと写真でよくわかるね。
    ボニちゃん、ありがとう。
    皆も、ドタバタしてる体力のないうっかりモノ忘れ私に色々お気遣いありがとう。

    今回は皆に会えること、そしてはじめてまめちゃんに会えること、
    これだけで一泊だけでも行く価値があると思っての参加。
    本当にその通りで、会えて、顔を見て、おしゃべりできたのがとてもうれしかったです。
    見逃したこと、会い逃した人(青年)、食べ逃したものは多々あれど、
    また次のときね~、と思える充実感でした。
    ほんと、旅は道連れだわぁと、仕事旅を終えたあとは一層感じてます。

  20. あ~! vaiちゃん、 お帰り、お帰り、お帰り~!

    イタリア直前の、慌ただしい1日だったけど、久しぶりに会えて嬉しかったです。本当に、人には会っておくといいなと思ったわ。

    >短くても「京都」をたっぷり満喫できる旅でした。
    >それがボニちゃんのレポと写真でよくわかるね。

    (^^//)いやいや・・旅のプロにそう言っていただくと照れるなあ。

    レストランで撮ったvaiちゃんと私のツーショット写真も、笑えたんだけどさすがに出せない。(※注 どんな写真かといいますと、ランチにvaiちゃんはスパークリングワインを頼み、私は赤ワイン。結果、スレンダーなvaiちゃんの前にはスリムなフリュートグラス、デブボニの前には丸々としたワイングラスが置かれたのでした)

    >ほんと、旅は道連れだわぁと、仕事旅を終えたあとは一層感じてます。

    あの後イタリアへ飛んで行っちゃったんだもんなあ。どこが体力ないんだと思うわ。マメちゃんにも会えて良かったね。

    また そのうち修学旅行をしましょう。 いつかはイタリアへね!

  21. vaiさん

    今頃気づいてのこのこです。
    おかえりなさい♪

    ほんとに大変な強行軍だと知っていながら、それでも会いたかったです。
    会えてうれしかったです。
    会って話すと、さらにまだ話したいことが湧いてきて、
    翌朝見送るとときは名残惜しい気持ちでいっぱいでした。

    またあんなふうに濃密な時間をいっしょにすごせたらなあと思います。

    それにしても旅に一番大切なのは、元気な心と体だねえ。
    肝に銘じました。
    楽しい旅をしたあとは、また行きたい欲が生まれると同時に、
    自分の体の弱点が見えてくるもんだなあと思いました。
    これからの人生、楽しく元気に生きていくためにも、
    やっぱりなにかやんなきゃかなあと思う今日このごろです。

    手始めに、ウォーキングと腹筋・・・
    と思った2週間前から、一度もやってないのでした。あぁ・・・

  22. シータ・・・

    >手始めに、ウォーキングと腹筋・・・
    >と思った2週間前から、一度もやってないのでした。あぁ・・・

    いいえ。 アナタは十分元気。

  23. あ、ボニさん

    どもども。
    いや、みんながあたりまえのように靴下脱いで、しかもふとんから足を出して寝てる隣で、
    五本指靴下の上に防寒ボアボア靴下履いて寝ることは、
    やっぱりおかしいなと(-_-;)

  24. >五本指靴下の上に防寒ボアボア靴下履いて寝ることは、
    >やっぱりおかしいなと(-_-;)

    そおかな?

    個人的には「冷え症」に憧れがあるけどなー。
    女性っぽいじゃん。手の冷たい人になりたかったよアタシ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*